MOMOYAMA.FR

アフリカ生活から日本へ。日本でもフランス語をより楽しみたいサイトです。

雪の長崎市と金澤翔子さんの書展

先週は長崎市も積雪でした!!いやぁ、寒い寒い。

毎日着ぶくれして通勤してましたが、とにかく寒い~!!建物も底冷えがすごいです。

道にも雪が積もっていたのは2日間ですが、バスは止まるし道も凍ってツルツル、チェーンを付けた車が走っているのが、長崎市ではびっくりな光景でした。冬は好きですが、最近はまったく日差しを浴びていないので、そろそろ太陽が恋しいです。

f:id:momoyamafr:20180114182654j:plain

f:id:momoyamafr:20180114182750j:plain

長崎歴史文化博物館で、ダウン症の女流書家、金澤翔子さんの書展を見てきました。家族が「とてもよかったわよ!」と言っていて、お正月から行きたかったのですが、ようやく見に行けました。

f:id:momoyamafr:20180114182811j:plain

家族で書道をしている人は割といるのですが、私自身は馴染みがなく、書展にもほとんど行ったことがありませんでした。お名前をぼんやり知っている程度だったのですが、作品を拝見してびっくり。本当にすばらしかったです!

書だけではなく、漢字の美しさをひしひしと感じる作品で、漢字圏に生まれた幸せを噛みしめるような気持になりました。作品は絵のようでもあり、「こんな字を書ける方はどんな人なんだろう?」と思わずにはいられませんでした。

元旦には席上揮毫会もなさったのですが、行きたかったな~!!涙。

f:id:momoyamafr:20180114183324j:plain

ステキな作品はたくさんありましたが、特に「金剛不壊」という書をとても気に入って、それが載っている作品集を探し、売店で延々と立ち読みした後、買って帰りました。大事な時に読み返そうと思います。

いつかお会いする機会があるとよいなと思います。

f:id:momoyamafr:20180114183302j:plain

#金澤翔子さん

#書展

#長崎歴史文化博物館

#漢字は美しい

【広告】