MOMOYAMA.FR

アフリカ生活から日本へ。日本でもフランス語をより楽しみたいサイトです。

長崎くんちの桟敷席販売が始まりました!

10月7日~9日に行われる長崎の秋のお祭り「長崎くんち」の桟敷席販売が始まったと聞き、「おぉ、今年も!」とウキウキした気持ちになります。

ダイナミックな蛇踊りや傘鉾など、中国やポルトガル、オランダなどの影響を受けた踊りは迫力満点で、間近で見ると血が騒ぎます!

f:id:momoyamafr:20170608091908j:plain

(出典:http://www.at-nagasaki.jp/festival/kunchi/

長崎くんちは長崎の氏神「諏訪神社」の秋の大祭で、1634年に遊女が諏訪神社前に小舞を奉納したことが始まりと言われています。初日に諏訪神社からご神体が出発し、お旅所まで下り、最終日に本宮に戻る間、市内のあちこちで踊りの奉納が行われます。踊りを担当する町は7年に1度の持ち回り制で、踊り町の皆さんがパレードのように街なかを練り歩き、出店が並んで、この3日間は100%お祭りムードです。

桟敷での踊りの奉納のほか、家や商店の前で踊りを披露して、町内に福のお裾分けをする庭先回りなど、街中でお祭りを楽しめます。

f:id:momoyamafr:20170608092920j:plain

(出典:http://nagasaki-kunchi.com/gyoji/okudari.php

小学生の頃は初日は半日授業になり、午後は友達とおくんちに繰り出していました。街なかで庭先回りに会うと、ついて行って踊りを見物したり、見足りなければ次の所まで一緒に行っていました。踊り町の皆さんの着物姿もとても華やかです。

北アフリカから帰省した時、たまたま長崎くんちの日程に重なったので、公会堂の桟敷席に見に行ったことがあります。その前日にコンサートに行ったのですが、桟敷席の正面に、明らかに一般市民とは雰囲気の違う5人組が…。なんとなく目が釘付けになっていたら、「昨日のコンサートのメンバーだ!!」と気が付きました。踊りを見て、大盛り上がりではしゃいでいる姿が見えて、地元民として嬉しかったです。(^^

f:id:momoyamafr:20170608093405j:plain

(出典:http://www.at-nagasaki.jp/festival/kunchi/

踊りや庭先回りのスケジュールは、長崎の地元紙の「おくんち特集号」で網羅されているので、1冊あると便利です。書店やコンビニのほか、おくんち期間中の特設ブースで販売しています。今年も楽しみです!

〇おくんちチケット販売、スケジュールなどの参考サイト:

長崎伝統芸能振興会:長崎くんち <長崎伝統芸能振興会>

長崎市公式観光ガイド:

www.at-nagasaki.jp

#長崎

#くんち

#祭り

#桟敷

#Nagasaki

#Fête régionale

#Kunchi