MOMOYAMA.FR

アフリカ生活から日本へ。日本でもフランス語をより楽しみたいサイトです。

ブックレビュー「コウノドリ」

電車の中で絶対に読んではいけない本、鈴ノ木ユウさんの「コウノドリ」シリーズ。
なんたって、泣くから!!!

f:id:momoyamafr:20170526102632p:plain

ツイッターでフォローしている新生児科医の先生が紹介されていたのですが、読み始めたら止まりません。受験生の皆さんご注意!(^^

鈴ノ木氏の奥様の出産がきっかけとなって生まれた、産科医のお話しです。主人公にはモデルがいて、奥様の当時の担当医の先生とのこと。2015年には実写ドラマ化もされています。

コウノドリ - Wikipedia

「出産は病気ではない。でも100%安全などあり得ない」という言葉がずっしりきて、読み終わった後に、母に「命がけで産んでくれてありがとう」と電話を入れました。今までは恥ずかしくて絶対言えなかったけれど、一人の赤ちゃんが生まれてくるまでに、どれだけの人の愛情や技能、苦悩が関わっているのか、垣間見えた気がしました。

出産に関わるドクターや助産師、ナースの方々が、どれだけすごいのか…!!

ところで先述の新生児科の先生も、「コウノドリ」の登場人物とのことですが、どなたなのか、未だに確信もてずです。(^^

 

【広告】