MOMOYAMA.FR

アフリカ生活から日本へ。日本でもフランス語をより楽しみたいサイトです。

フランス大統領選(第2回投票)

たまたま早起きしてテレビを付けたら、ルペン氏が敗北宣言をしているところでした。マクロン氏の勝利が確定し、ルーブル美術館前の広場で、支持者が大喜びしている様子が映っていました。

f:id:momoyamafr:20170508082340j:plain

マクロン氏の得票率65%に対して、ルペン氏は35%。国民戦線としては大躍進で、すでに彼女が「国民戦線は極右政党を脱した」というイメージを確立することに成功したことを裏付けました。今後もルペン氏は大きな影響力を持ち続けそうです。

一方で、米欧のポピュリズムの流れのなか、25%という棄権票(1969年以来最高)にもかかわらず、「寛容」を掲げるマクロン氏が選出されたことを嬉しく思います。それが「反ルペン」票の結果であったとしても、「国のかじ取りをルペン氏には任せない」という意思の表れに変わりはありません。

39歳という若い大統領の行く先は厳しく、苦しいものになるかもしれないけれど、がんばれーーー!!と言いたいです。

 

"Je sais les divisions de notre nation, qui ont conduit certains à un vote extrême.  Je sais les colères, les doutes, l'anxiété que certains ont exprimés.... Je me battrai contre les divisions qui nous minent."

「…国民の間の分断と、(そこに)怒りや疑念、不安が存在していることを理解している。我々を侵食する分裂と戦う所存だ。」

(ルーブル美術館前広場での勝利演説)

www.lemonde.fr

#フランス

#大統領選

#France

#l'élection présidentielle