MOMOYAMA.FR

アフリカ生活から日本へ。日本でもフランス語をより楽しみたいサイトです。

空港のパスポートコントロールでの雑談大会

仕事の駐在や旅の帰り、空港でのやりとりはなかなか楽しいものがあります。 国をまたぐ引っ越しのときは、毎回徹夜で空港に行くので、頭はぼーーーー、でも、うっかり忘れ物ができないのでピリピリしていますが、旅の帰りのときは気が楽です。

おススメです!長崎大学熱帯医学ミュージアム

長崎市の平和公園(原爆が投下された爆心地)にほど近く、長崎大学医学部のキャンパスに熱帯医学ミュージアムがあります。 一般にも開放されていて、熱帯医学や感染症、これまでの国際協力など、興味のある方は誰でも見ることができます。こじんまりとしてい…

ラマダン明けの甘くてキレイなお菓子:アシーダ

今年のラマダンがもうすぐ終わりに近付いていますね。 この頃になると、太陰暦で決まるラマダン明けの休みがいつになるのか、ソワソワしていました。チュニジアでは義理の母がせっせと恒例のお菓子を作り始めます。

翻訳の友「IL DIVO」とロンドンでのコンサート

週末は一歩も外に出ずに翻訳の仕事。「IL DIVO」というグループの曲をエンドレスで流して、読んで訳して辞書引いてネットで調べて、をひたすら繰り返します。作業していると時間を忘れて、気が付くと夜、という週末でした。(^^

長崎市のお勧めレストラン:フレンチ、中華、イタリアン

先日、懐かしい方から連絡をいただき、長崎市のおすすめレストランをご紹介したのですが、これから長崎に行かれる方の参考になるかもと思い、こちらに整理しておこうと思いました。

東京でびっくりしたすごいシャンソン

東京に来てびっくりしたことの1つ、シャンソンを歌う方々のレベルがめっさ高い!!

チュニジアの子育て事情:キスとハグとカミナリ

義理の家族との雪解けを経て、家族からのFacebookの友達リクエストが飛んできたり、メッセージを交わしたりする機会が増えました。彼らの記事や写真を見ていて驚いたのが、「子どもたちがみんな大きくなってる!」。

義理の姉とのお別れとチュニジア年の始まり

今年の冬にチュニジア人の義理の姉が亡くなったとき、私はそれを他の姉のFacebookの記事で知ったのですが、そのくらい、義理の家族とはコンタクトを取っていませんでした。特に亡くなった姉は、私が離婚する時に大喧嘩して別れたので、後味の悪い印象だけが…

チュニジア料理レシピ:ファーティマさんの指(Doigts de Fatima)

義理の母のレシピを使って、久しぶりにチュニジア料理チャレンジ。家庭料理の定番、「ファーティマさんの指(Doigts de Fatima)」です。

長崎くんちの桟敷席販売が始まりました!

10月7日~9日に行われる長崎の秋のお祭り「長崎くんち」の桟敷席販売が始まったと聞き、「おぉ、今年も!」とウキウキした気持ちになります。 ダイナミックな蛇踊りや傘鉾など、中国やポルトガル、オランダなどの影響を受けた踊りは迫力満点で、間近で見ると…

DELF/DALFの受験は争奪戦!(@関東)

先日、フランス人の友人からメールが飛んできて、「この間DALFを受験するって言ってたけど、どうだった?」とのこと。 「会場がいっぱいで、受けられなかったんだよー」と答えると、「そっかー」。

海外からペットを連れてくるときの手続き(その③「チケット予約、チェックイン編」モロッコの場合)

「海外からペットを連れてくるときの手続き」シリーズ、今回でひとまず締めです。1回のつもりで書き始めましたが、意外にたくさん出てきました。(^^ 「その③チケット予約、チェックイン編」です。

海外からペットを連れて来るときの手続き(その②「ケージ編」モロッコの場合)

前回の記事「海外からペットを連れて来るときの手続き(その①「検疫手続き編」)」のその②「ケージ編」です。 ペットを飛行機に乗せて連れて来るとき、ケージも大事です。

海外からペットを連れて来るときの手続き(その①「検疫手続き編」モロッコの場合)

モロッコから帰国する時、猫を連れてきたのですが、その手続きについて、複数の方々から「ノウハウを置いていってください」と頼まれました。その方々にはメモを残してきたのですが、他に手続きを知りたい方がいらっしゃるかもと思い、思い出しながら書いて…

ブックレビュー「コウノドリ」

電車の中で絶対に読んではいけない本、鈴ノ木ユウさんの「コウノドリ」シリーズ。なんたって、泣くから!!!

"Konodori"

Il ne faut pas lire ces livres en public, ni dans le train, ni dans le bus… parce qu’on ne peut pas s’arrêter de pleurer !

ミラノへの旅

数年前の年末年始、モロッコから日本に帰るには日数が取れないし、かといって家でボーっとしているのは勿体ないし、じゃあミラノに行くか!と思い立ちました。

京都へ

とあるきっかけで、数年ぶりに京都へ行ってきました。 5月にしてはちょっと肌寒かったですが、観光にはぴったりで、久しぶりに懐かしい街を歩きました。京都は学生時代から合計7年間生活し、20代のほとんどを過ごしました。

美味しいラングスト(伊勢海老)

チュニジアにいた頃、義理の母がご機嫌で市場から帰って来たので、どうしたのと聞いたら、「langoustes(伊勢海老)があったの!」とのこと。 市場用買い物バッグ(ナツメヤシの葉を編んだエコバック)を見ると、でっかい伊勢海老がごろごろ、まだ動いてる!

日本最西端の駅(長崎県平戸市)

アフリカ最北端に続いて、もういっちょ日本最西端の駅のお話し。 長崎県平戸市にある「たびら平戸口」駅です。

アフリカ最北端の岬

モロッコにいたころ、北部のタンジェという都市に出張してきました。 モロッコではアラビア語とベルベル語が公用語、フランス語が広く使われていますが、北部はスペインへの玄関口となっており、北部の町ではスペイン語が話されています。

ブックレビュー「スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック」

とあるきっかけで、病院で「交感神経が優位過ぎて、副交感神経とのバランス悪いね~」とのコメントをいただきました。 小さな器具に指先を突っ込んで数分待つという簡単な検査で、「そんなことが分かるの!?」とびっくりしたのですが、看護師さんに聞いてみ…

フランス大統領選(第2回投票)

たまたま早起きしてテレビを付けたら、ルペン氏が敗北宣言をしているところでした。マクロン氏の勝利が確定し、ルーブル美術館前の広場で、支持者が大喜びしている様子が映っていました。

地中海&大西洋の魚たち

日本からチュニジアに引っ越したときは、まったく料理ができず、「スーパーのパックを見て魚の名前が分かる」状態だったのですが、いざ行ってみると、義理の家族やその友人たちから「日本料理を作って!」とリクエストされることが多くなりました。 現地には…

アンモナイトの化石

モロッコで暮らし始めたとき、観光がてらあちこち歩き回っていたら、旧市街で化石屋さんを発見。そこで見たアンモナイトに一目惚れし、アンモナイト・コレクターとなりました。一緒に行った人に「また買うんですか?」と言われつつ、新聞紙に包まれた重いア…

スズランの日

5月1日にパリにいると、街中でスズランの花束が売られているのに出会います。 暖かい日差しの中でスズランを見ると「春だなぁ」と思いますし、おじさんたちが帽子や上着に挿して歩いていたりして、とても和みます。

モロッコ・チュニジアの素敵オリーブオイル

冷蔵庫を開けたらジャムがないことに気付いて、パン焼いちゃったけどどうしよう、と思ったら、大事に取っておいたオリーブオイルがあることを思い出しました。 モロッコのお土産でいただいたオリーブオイルに蜂蜜をたらーっと垂らして、ちぎったパンを浸して…

フランス大統領選

フランス大統領選のニュース、かぶりつきでフランス語紙を読みまくっています。 選挙戦序盤から、フランス人の友人たちと「この人に大統領になってほしいよね!」「いや私はこっち」と話していた候補者がことごとくいなくなり、エマニュエル・マクロン氏とマ…

新宿御苑のプラタナス

初めて新宿御苑に行ってきました。 「最近自然に触れてないなぁ、足りないなぁ」と感じていたので、補充を兼ねて行ってみたら、とてもステキな公園でした。200円の入場料でのんびり散策、桜(終盤)+新緑+つつじ等、春爛漫でした。ちょっと風が冷たかった…

長崎空港のおススメお土産品

地元の長崎空港にはトータルで200回くらい行ってますが、出発前にお土産コーナーを見て回るのが、今も楽しみです。 お菓子にお鮨に海産物、アクセサリーや家の装飾品、ハウステンボスのグッズまで盛りだくさん。実家を出る前に、地元の食材を山ほど購入し、…

義理の母のレシピ

とあるきっかけで、実家の荷物の山の中から、チュニジアの義理の母のレシピを探し出しました。チュニジアで2回引っ越し→モロッコ→日本という引っ越しの間に、間違って捨ててないかとヒヤヒヤしていたのですが、ノート2冊見つかりました。 もう少しあった気が…

Les recettes de ma belle-mère

J’ai plein de recettes de ma belle-mère tunisienne chez moi à Tokyo, après beaucoup de déménagements nationaux et internationaux. Les recettes ont été écrites très détaillées, parce que je voulais être tout à fait précise. C’est vraiment g…

絵本のフランス語単語帳

語学を学ぶ時に必要だけど、まとめて覚えるのは面倒くさいボキャブラリー。 地元の長崎市でフランス語のレッスンをしていたとき、お世話になったお勧め単語帳です。 最初は図書館で借りたのですが、気に入って購入し、教材として使っていました。帯に「絵本…

黄色い春

日本では桜が咲き始めていますが、この季節になると思い出すのは、チュニジアの春です。桜より少し早く、2月の終わり頃から黄色い花が咲き、野原を覆います。 飛行機から見下ろすと真っ黄色の平原が広がり、それは美しいです。 知り合いのチュニジア人生物学…

Retrouver le sourire et la confiance pour les femmes qui perdent leurs cheveux !

Quand j’ai participé à un séminaire d'auto-entrepreneurs à Tokyo, j’ai rencontré une femme magnifique, Mme Masumi TSUNODA. C’était une auto-entrepreneuse et elle a partagé son expérience dans le séminaire. Elle a perdu ses cheveux il y a 3…

モモヤマのプロフィール

北アフリカ(フランス語圏)で10年働いた経験と、チュニジア人家族との9年間の結婚生活から、ディープなアラブ・マグレブ世界の生活習慣や家族観、家庭料理を学びました。「なによりも家族が大事!」という家族観やレシピ、日々のつれづれをフランス語と一緒…

髪の毛を失った女性に笑顔を!

起業した方々が、これまでのご経験をお話されるイベントに参加してきました。 プレゼンテーションをされたお一人、角田真住さんのサイトです。 scarf.co.jp

お問い合わせ

お問い合わせの際は、Facebookで友達申請をして、メッセージをお送りいただきますようお願いいたします。 Facebookアカウントはこちら。

Un atelier de photo pour les pâtisseries japonaises qui utilisent de la pâte de haricot rouge sucrée (azuki)

La saison des cerisiers approchant, on trouve dans les pâtisseries plein de jolis gâteaux de printemps, décorés de feuilles et de pétales de cerisier. Ils sont faits en pâte de haricot rouge, couverts de pâte de riz ou de farine. J’ai part…

和菓子をおいしく撮る!

「世界に小豆を広めるプロジェクトチーム(azuki)」が開催された「和菓子をおいしく撮影しよう!」写真撮影教室に参加しました。 azuki:小豆と和菓子が主役のライフスタイルマガジン:http://www.azuki.tokyo/ 講師は起業支援コンサルタントであり、ブログ…

いちごの季節

いちごの季節になってきました! 東京の近所のスーパーで見かけるいちごは、栃木県の「とちおとめ」や福岡県の「あまおう」が多いのですが、長崎県の「ゆめのか」もお勧めです! いちご好きの姪っ子が、自分の分を平らげた後、家族から奪っていましたが、私…

クラッシュ!

パソコン・クラッシュにつき、一時お休みでした。 サポート・センターの方の手を借りて、なんとか復旧。なぜか各種ブラウザがまったく開けないというトラブルだったのですが、タブレットやノートがあっても、メインのデスクトップが使えないストレスといった…

頬キスは何回?(Combien de bises?)

先日の距離感について、フランス人の友人に、「親しい人に会ったときの挨拶で、何回頬キスをするか?」と尋ねたら、「これを見て!」と送ってきたのがこちら。↓ Combien de bises?(キスは何回?) combiendebises.free.fr フランスでは何回頬キスをするか、…

La distance à respecter

Il est toujours déroutant de connaître la distance à respecter entre les gens. Après mon retour au Japon d’Afrique au nord où j’ai passé 10 ans, j’ai rencontré la difficulté de la distance avec les gens, pas seulement avec des étrangers, m…

距離感の謎

北アフリカでアラブ式の距離感にすっかり慣れてしまったので、日本で人に会うと、サテどれくらいの距離を取ればいいのか…と悩むことがあります。 外国の方だけでなく、日本の方でも同じで、ビジネスならよいのですが、親しい間柄になるほど、これが難しい。…

フランス語 de 筋トレ

5月にフランス語の資格試験を更新するため、試験勉強をしていたら、頭がフラフラ~。 ぎゅっと集中して読むうちに思い出す単語があったり、そういえば前にこんな記事読んだ、と記憶を探ったり。 ニュースを聞いたり、記事を読んだり、日々、多くのフランス語…

Silence

楽しみにしていた「沈黙」を見に、映画館へ駈け込んで来ました。 あっという間の3時間で、帰りに原作を買ってしまった。 今日はこれを読み終わるまで寝ないぞ!

ネズミのダンス

北アフリカにいたころ、バカンス中は義理の家族の甥っ子姪っ子がしょっちゅう遊びに来ていました。多い時は、一軒家に大人と子どもが総勢20名いたことも。 ホストの義理の母は、家やご飯の準備やら、子供たちのお世話やら、親族との語り合いで連日大忙し。大…

愛しのチーズ

昨年末から1月にかけて、3~4年ぶりに再会する方々が立て続けにいらっしゃって、嬉しくて飲み捲っていました。新しい素敵な出会いも多く、面白そうな1年の始まりです。 あまりに飲み過ぎたので、ちょっとは自制しようかと思ったら、帰省中に見付けてしまいま…

Bonjour de ma chatte

6日間の帰省から東京に戻りました。 慌ただしかったですが、家族とのよい時間になりました。 チュニジア生まれ、モロッコ育ち、そして日本在住の愛猫。実家生活にすっかり馴染んで元気! Apres 6 jours de séjours chez mes parents, je suis rentrée à Toky…